日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

日本眼科学会



日本眼科学会について
財団法人日本眼科学会は、
眼科学の進歩発達を図り、
もって学術の発展に寄与することを目的としております。

代表者 理事長 新家  眞(東京大学 教授)
設立年 明治30年
法人格 財団法人(昭和3年4月設立許可)
会員数 13,690名(平成18年12月末日現在)
機関誌 日本眼科学会雑誌(年12回)
Japanese Journal of Ophthalmology(年6回)
事務局 〒101-8346 東京都千代田区猿楽町2-4-11-402
Tel:03-3295-2360 Fax:03-3293-9384

事業内容
1. 学術集会の開催
  1)日本眼科学会総会(毎年春に開催)
  2)日本臨床眼科学会(毎年秋に日本眼科医会と共催)

2. 学術論文集・学術図書の刊行
  1)日本眼科学会雑誌(月刊)
  2)Japanese Journal of Ophthalmology(隔月・英文誌)
  3)眼科用語集

3. 学術の振興及び奨励
  1)日本眼科学会賞授与(日本眼科学会総会の特別講演演者に授与する)
  2)日本眼科学会学術奨励賞授与(40歳未満の研究者に授与する)

4. 眼の疾患に関する調査・研究の実施

5. 市民公開講演会の開催

6. 内外の関連学術団体との連絡及び協力

7. 専門医及び各種認定
  1)専門医認定試験の実施と専門医の認定
  2)専門医の資格更新認定
  3)生涯教育事業及び研修施設の認定

8. 専門医生涯教育の推進
  1)専門医通信教育教材の刊行
  2)専門医講習会の開催(年2回)
  3)全国8ブロックにおける講習会の開催(日本眼科医会と共催)

9. 臓器移植に関する運動の推進

10. その他目的を達成するために必要な事業

日本眼科学会事務局
〒101-8346 東京都千代田区猿楽町2-4-11-402
Tel:03-3295-2360 Fax:03-3293-9384

財団法人日本眼科学会ホームページ

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】


| コメント(0) | TB(0) | 日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

日本眼科医会>白内障と手術

1.はじめに
白内障(しろそこひ)は、
壮年期から老年期の人々に高頻度にみられる代表的な病気の一つです。

進行すると、
白内障手術による治療しかありませんが、幸いなことに、
1990年代初頭から導入された眼内レンズにより、
白内障術後に良質の視力が回復できるようになりました。

老年期といっても、平均寿命も延長し、
70代までは現役として活躍する人々の多い現代社会で、
白内障手術の進歩は大変な福音です。

このホームページは、
白内障になった人達、
および白内障手術を受ける人達のために書かれています。
最近よく耳にする、手術を受ける前のインフォームドコンセント
(説明と同意)のための予備情報になれば幸いです。

以下は、日本眼科医会>白内障と手術からどうぞ
2. 目は五感の長
3. 目の働き
4. 白内障とは
5. 白内障手術
6. 眼内レンズ
7. 手術前の検査
8. 手術の日にすること
9. 術後数日間の注意
10. 手術後の合併症−軽いもの
11. 手術後の合併症−重いもの
12. おわりに

日本眼科医会>白内障と手術

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(1) | 日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

日本眼科医会



10月10日は、目の愛護デーです。
元気な瞳、応援します。

日本眼科医会は、
70年余の歴史を持つ眼科を専門とする医師の団体です。
本会の目的は、
国民に対し、正しい眼科医療知識の啓発、情報伝達及び教育活動を行い、
もって国民の保健、福祉の向上に寄与することです。

その実現のため、これに関連する次のような諸事業を行っています。
眼疾患について問題となった事例に対しては、
その時代に即した学術研究及び調査を行い、
目の健康教育活動や目の愛護デー行事などの公衆衛生活動を通じて、
その結果を速やかに国民に発表し、注意を喚起しています。
地域社会、学校、職場などの
社会現場における眼科医療に関する諸問題についても、
随時取り組んでいます。

この他、眼科特有の問題として
失明予防事業、視覚障害者対策事業などを行い、
医学、医療の国際交流に関する事業も進めています。
眼科医が、
常に上質の医療を国民に提供できるよう生涯教育に関する事業を行い、
会員の資質の向上に努めています。

本会はこれらの実績をもとに、
昭和58年には社団法人として厚生省(現「厚生労働省」)から認可され、
現在では眼科医の組織率は90%を超える団体となり、
社会的な信用はますます向上しています。

今後とも国民の目の健康を守るため、
いろいろな事業を推し進め、
同時に会員が健全な医療を行えるような環境作りにも努力してまいります。

日本眼科医会

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(1) | TB(0) | 日本眼科学会・日本眼科医会>学会について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。