日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・動物眼科セミナー。眼瞼疾患の基礎から最新臨床情報



犬白内障の治療をする動物病院は少ないのが現状だ。
今回、株式会社メニわんの紹介するにあたり、
動物眼科セミナーは、セミナーが終わればそれでチョン・・・。
犬専門ニュースメディア=犬ニュース01を紹介する。
動物眼科医療に特化した事業を展開する
株式会社メニわんのホームページも紹介しよう。
家族同様、家族以上の愛するペットにしてやれることを考えよう。

動物眼科セミナー。眼瞼疾患の基礎から最新臨床情報
犬 ニュース01(ゼロワン)
コンタクトレンズ総合メーカーの
株式会社メニコンの子会社であり、
犬白内障にかかった犬の為の
"犬用眼内レンズ(メニわんレンズ)"や
"メニわん治療用コンタクトレンズ"など、
動物眼科医療に特化した事業を展開する
株式会社メニわんが、「2008年メニわん・どうぶつ眼科セミナー
...
詳しくは下記からどうぞ!
犬 ニュース01(ゼロワン) 2008年06月04日

動物眼科セミナー。眼瞼疾患の基礎から最新臨床情報

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・「ジギー」上高地を楽しみ引退 上田の男性の盲導犬



白内障になる犬は多い。
人間と犬の寿命は異なる。
日本では人が80年寿命がある。
犬は15年くらいだ。加齢の速度が速い。
折角、生まれた頃から人に役立つように訓練されても
長くて10年しか役目を全うすることが出来ない。
人と同じように、白内障やいろいろな病気になる。
病気になったことを犬を含め動物は伝えることが出来ない。
街で、いろいろな所で働いている犬を見かけたときは
じゅうぶん心したいものだ。

「ジギー」上高地を楽しみ引退 上田の男性の盲導犬信濃毎日新聞
白内障のため
暗いと階段を上がれないなど衰えが見え始め、
上原さんは訓練所と相談して引退させることに決めた。
ちょうど、
障害者と健常者が秋の上高地を楽しむ自然観察会に誘われ、
引退場所にすることにした。
13日の観察会。
約20人の参加者に交じり、
上田さんと ...
詳しくは下記からどうぞ!
信濃毎日新聞 10月18日

この記事は削除されています。
「ジギー」上高地を楽しみ引退 上田の男性の盲導犬


白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:盲導犬
| コメント(0) | TB(1) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・ありす動物クリニック



コンセプト
飼い主と動物との関係を大切に考えた診療を心がけております。


院長 小林 由佳子

経歴
・1987年北里大学獣医畜産学研究科獣医学専攻大学院修士課程修了
・1995年イギリスロンドン大学獣医眼科学教室レジデント
・1996年東京医科大学眼科学教室研究生
・2001年東京医科大学医学大学院医学研究科博士課程単位取得
・2003年より日本盲導犬協会所属犬眼検査担当
・2003年医学博士取得
・2003年比較眼科学会獣医眼科専門医取得
・2004年より日本盲導犬協会付属盲導犬訓練学校非常勤講師
・2006年3月より川崎市宮前区有馬にてありす動物クリニック開業

所属
・比較眼科学会(評議委員)
・身体障害者補助犬学会(評議委員)
・日本白内障学会
・川崎市獣医師会

著書・論文
・あたらしい眼科15(5)701〜(1998)
ヒト白内障水晶体上皮細胞の細胞変性とアポトーシス
・小動物獣医学情報誌SAC,111(1998)
白内障を考える(1)
・小動物獣医学情報誌SAC,112(1999)
白内障を考える(2)
・カレントベテリナリークリニック1 文永堂出版 (2000)
眼科学;緑内障の診断と治療
・獣医畜産新報Vol.55No.5(2002)
犬の遺伝性眼疾患
・獣医畜産新報Vol.55No.6(2002)
犬の遺伝性眼疾患
・獣医畜産新報Vol.55No.7(2002)
犬の遺伝性眼疾患
・眼科カラーアトラス(翻訳)文永堂出版 第13〜14章(2004)
・比較眼科研究24(1.2)、7-13(2005)
犬の眼窩骨肉腫におけるシスプラチン動脈注射療法の応用

学会発表
・1997年日本白内障学会
ヒト水晶体上皮細胞におけるFasとFas-ligandの発現の有無
・1998年獣医麻酔外科学会.-・比較眼科学会
犬の白内障手術における超音波乳化吸引術および
小切開からのフォールダブルレンズ挿入術
・1999年日本白内障学会
外傷性白内障モデルラットにおけるアポトーシス関連分子の発現
・1998.1999.2000年日本免疫学会
アポトーシス誘導機構に関する研究
・2000年比較眼科学会
突発性後天性網膜変性が疑われたパピヨンの1症例
・2000年日本小動物獣医学会
同腹のウェルシュテリアに認められた閉塞隅角緑内障の2症例
・2002年日本眼科学会
鈍的外傷により生じる白内障の発症機序に関する研究
・2003年日本白内障学会
合同シンポジウム外傷性白内障の基礎と臨床
Sj-2外傷性白内障の基礎と臨床シンポジスト
頻回な鈍的外傷による白内障
・2004年比較眼科学会臨床部会
盲導犬訓練センター所属犬に認められた網膜異形成
・2005年比較眼科学会年次大会
盲導犬訓練センター所属犬に認められた白内障
など

住所 神奈川県川崎市宮前区有馬5-1-17
コンフォート鷺沼1F

ありす動物クリニック

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(1) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

日本ペットオーナーズクラブ



株式会社日本ペットオーナーズクラブは、
本社機能を東京都文京区に置き、
ペット共済制度を運営する企業。

「人と動物との絆」を大切に、
飼い主とペット(犬・猫)が
共に健康で潤いのある共生社会の実現を願い、
クラブを創り、ペット共済制度(治療費の補填を目的)
ならびに会員サービスや、
主旨に賛同する企業とのコラボレーションを行い、
各種事業等を行っている。

1993年12月に
日本ペットオーナーズクラブを東京都新宿区に創設し、
クラブ会員へのサービスに関するテスト業務を開始、
マーケティング調査を開始。
その間、日本を代表する獣医師と出会い、
多くの指導を受けるとともに、
数十名の獣医師の協力により商品を開発する。

1995年10月に
犬・猫を対象とした日本初のペット専用医療保険、
ペット入院共済制度の運営を開始する。

1998年11月に
世界最大級のアメリカの保険機構と
共済金の支払いに関する業務提携(再保険契約)を結び、
1999年1月にペット健康保険事業を本格的に展開。

2001年1月に
日本で初めてペット用のガン保険の販売を開始。

2002年3月に
ヨーロッパ大手再保険会社(ダブルA)と業務提携(再保険契約)。

2003年8月に
少額短期保険会社設立に向け、
準備会社として日本ファミリー保険企画株式会社
(現ペット&ファミリー少額短期保険株式会社)を設立。

株式会社日本ペットオーナーズクラブ

ペット&ファミリー少額短期保険株式会社

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(1) | TB(4) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

アテナ動物病院



VSCシステムの一環として、
勤務獣医師の方が活躍して頂くステージとして開発致しました。
コンセプトとしては、「こまやかな心遣い」です。
動物病院開設地域としては、
小型犬の多い地域をターゲットとして、
各病院が協力し会える程度の近距離に
他のアテナ動物病院を開院してグループ形成を図ります。

アテナ動物病院とは
アテナ動物病院は、
2004年ギリシャのアテネでオリンピックの開催された年に
東京・赤坂でスタートしました。
アテネは、 西洋医学発祥の地としても有名で、
その語源をとって アテナと命名しました。
母の大きな愛情に包まれているように安心していただけるように、
お部屋で家族の一員として暮らすワンちゃん、
ネコちゃんの健康の為に、
これからも各病院が協力しあえる近さに
アテナ動物病院を開院して全国にネットワークを拡げていきます。

アテナ動物病院イメージ
各地域に点在する、
アテナ動物病院はイメージを統一し、
女性的な優しさと、親しみやすさをアピールし、
皆様に安心を提供しています。
外観の優しいイメージとは逆に
最先端の動物医学を習得してきた経験豊かな医師チームが、
病気や怪我を患ったデリケートな動物達を診断し、
適切な診療を施します。
フィラリアなどの病気の予防対策、
急な発病、怪我なども相談に応じます。
アテナ動物病院は動物達が2番目に安心できる場所として、
皆様と健康で快適な毎日を過ごせる為に、
日々精進する次第でございます。

アテナ動物病院宣言
わたしたち、アテナ動物病院は先進技術をもとに
安心と優しさを提供いたします。

アテナ動物病院

アテナ動物病院・病院一覧
アテナ動物病院 赤坂
アテナ動物病院 青葉台
アテナ動物病院 与野
アテナ動物病院 相模原
アテナ動物病院 曙橋
アテナ動物病院 稲毛海岸
アテナ動物病院 亀戸
アテナ動物病院 成田空港
アテナ動物病院 学芸大学
アテナ動物病院 二子玉川
アテナ動物病院 佐野
アテナ動物病院 浦和美園
アテナ動物病院 国分寺
アテナ動物病院 自由ヶ丘
アテナ動物病院 柏
アテナ動物病院 青梅
アテナ動物病院 相模大野
アテナ動物病院 千種
アテナ動物病院 ナゴヤドーム前
アテナ動物病院 熱田
アテナ動物病院 桑名
アテナ動物病院 明石

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(0) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・馬渕小動物病院

動物たちも、人間と同じ、命と心ある生き物です。
何の苦労もなく生きているように見えても、
病気もするし、ストレスがたまることだってあります。

まずは、当院のベテランスタッフが、
親切丁寧にお世話しますので、どうぞ安心してお越しください。
あなたに頼りにされる「かかりつけ医」として、
機能していきたいと考えています。

●駐車場あります。
●入院室、隔離入院室あります。
●ペットホテルあります。
●往診致します。

犬・猫はもちろんですが、小鳥・ウサギ・ハムスター等も、得意科目です。
手術用顕微鏡を使用するハムスター・小鳥の骨折等の微細手術、
犬の白内障等の眼科手術も行っております。
ぜひ一度御相談下さい。
屋外飼育の猫の不妊手術の相談も受け付けます。
生き物大好きの獣医です。

〒573-1116
大阪府枚方市船橋本町2-58-5
京阪くずは駅・船橋バス停より徒歩1分

馬渕小動物病院

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・あおぞら動物病院

あおぞら動物病院
犬白内障手術・犬緑内障手術など、
犬の目の病気でお困りの方はご相談ください。

早く元気になって あおぞらの下で 走り回ってほしい。

再び目が見えるようになって 
飼い主さんの顔と あおぞらを 見上げてほしい。

わたしたちスタッフの願いです。

白内障(はくないしょう)とは、
眼の中の水晶体という部分が加齢とともに白く濁ってくる病気のことです。

これまでは、飲み薬や目薬などを使って、
何とか進行を遅らせることしかできませんでした。

しかし、この方法だけでは、
いずれは失明してしまう犬や猫がいることも、
認めざるを得ませんでした。

ここ数年、人間と同じような手術方法を動物にも行うことにより、
多くの失明した動物が再び視力を
取り戻すことができるようになって来ました。

それが、白内障乳化吸引手術です。

あおぞら動物病院

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障>犬白内障病院とトピック

犬白内障・愛犬の目をご覧ください!

愛犬の目をご覧ください。
白くなっていませんか?
人間と同じように、犬にも
先天性白内障、若年性白内障、老齢性白内障があるようです。
早期発見、早期治療が大事だといわれます。

人間と同じように犬の白内障が簡単な外科手術とはいかないようです。
愛犬の老齢化、白内障の事実を受け止め
詳しく文字表現された方のお話しをお聞きください。

愛犬の白内障・難しい年頃になってきた

【楽天市場】目の病気:総合病院ペットセンター名越


白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:犬白内障
| コメント(0) | TB(0) | 犬白内障>犬白内障病院とトピック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。