日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障:新見眼科・白内障と眼内レンズ手術



兵庫県明石市二見町東二見895-4
新見眼科のサイトがYahoo!Japanとinfoseekの
おすすめサイトに選ばれました。
白内障と眼内レンズ手術について
写真入でサイトが作成されています。
白内障で手術するか?どうしようか、
健康保険で治療を受けるときの
自己負担額も記載してあります。
迷っている方はご覧になっては如何でしょう?

新見眼科/白内障と眼内レンズ手術
キノン体で惹起される水晶体蛋白変性を
ピノレキシンが阻害し白内障の進行を予防するとされる ...
水晶体蛋白SH基がSS結合となり
不溶性蛋白となるのを還元型グルタチオンが
阻害して白内障を予防する
<抗白内障薬(内服薬)> ...
詳しくは下記からどうぞ!
Google アラート 07:11:01

新見眼科/白内障と眼内レンズ手術

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:新見眼科
| コメント(0) | TB(0) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術が4分 三井記念病院 赤星医師



ローカルTVに目をやると
白内障の名医と言われる
三井記念病院赤星医師が紹介されていました。

三井記念病院赤星医師
年間5000件の白内障手術を行う名医だそうで、
海外からも見学にみえるそうです。

傷口も普通の手術よりも小さいため
縫合する必要がなく、患者への負担が少ないということです。


紹介されていた患者(女性・70代)は左目は既に視力がなく、
残された右目も重度の白内障で、
鳥取からわざわざ東京の三井記念病院へ来られました。

手術は数分で終わり、
数時間後赤星医師がガーゼを取ると
患者の眼が見えるようになった表情は(視力0.4に回復
感動的でした。

その後、患者のご主人が心配で一日早く
鳥取から駆けつけた時の様子が映っていました。
今まで見えなかったけど、老けてたのね」と手術を受けて
目が見えるようになった奥さんから言われたご主人。
笑いながらも涙を流して喜んでいました。

★この赤星医師白内障手術の詳細は
下記赤星隆幸先生の紹介リンクでご覧いただけます。

白内障新手術(プレチョップ法)と言われています。
プレチョップ法を行う主な病院も紹介されています。


赤星隆幸先生の紹介

赤星医師三井記念病院と、
赤星医師の手術を受けられる病院はこちら

三井記念病院
〒101-8643 東京都千代田区神田和泉町1番地 TEL:03-3862-9111

・済生会川口総合病院(埼玉県川口市)
・木村眼科(東京都北区)
・杉浦眼科(埼玉県春日部市)赤星隆幸先生の紹介

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(1) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・神戸市立医療センター 中央市民病院 眼科



★神戸市立医療センター 中央市民病院 眼科のご紹介

神戸市立医療センター 中央市民病院 眼科は
伝統的に白内障、緑内障、および網膜硝子体疾患に強く、
常に斯界の先進的役割をはたしてきました。

さらに、
近年、神経眼科の優秀なスタッフを迎え、
同分野でも充実した診療活動を展開しています。
スタッフは厳重な審査の上で本邦最高水準の人材を集めており、
当科の出身者から7名の現職眼科教授をはじめ
日本の眼科界を代表する多数の逸材を輩出しています。

また若い眼科医の育成・教育にも力を注いでおり、
全国から眼科研修医を募集し、
医学生の実習・見学などを受け入れて指導にあたっています。
なお、当科は日本眼科学会研修施設に認定されています。

通常の診療においても病病連繋・病診連繋に努めており、
患者さんの受け入れに最大限の配慮を行っています。

兵庫県眼科医会と共催で年1回開催の
「神戸市立中央市民病院眼科オープン・カンファレンス」は
既に26回を数えましたが、
これに加えて年に5〜6回程度、
「神戸市立中央市民病院臨床懇話会」を開催し、
当科専門外来の活動報告を行うと共に、
相互に十分なディスカッションを行い、連繋を密にしています。

★神戸市立医療センター 中央市民病院 眼科の理念

1. 通常の眼科診療を堅実かつ高水準で行っていくことで、
  受診患者および地域の住民と医療施設の信頼に応えていく。
2. 最新の眼科診断・治療法を採り入れ、 
  さらに世界の眼科学の進歩に貢献する成果を発信してゆく。
3. 地域と日本の眼科医療をささえ、  
  世界の眼科学界を背負っていく人材を育成する。

神戸市立医療センター 中央市民病院 眼科

神戸市立医療センター 中央市民病院

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(3) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・二本松眼科病院

白内障手術
◆ 身体への負担が少ないため、
手術のために日常生活のリズムを変える必要は殆どなくなりました!

近年、白内障手術は日帰りが可能となり、
術後の安静は2時間程度で、長期入院の必要は殆どなく、
通院感覚で受けられるようになりました。
白内障・二本松眼科病院では、
患者様の希望で入院か日帰りかを選択してもらうシステムで
白内障手術に取り組んでおります。
(※入院の場合は片眼で1泊2日、両眼で2泊3日)

白内障・二本松眼科病院の白内障手術は
最新の超音波機器を用い、
2mm前後の極小切開で水晶体の濁りを取り出し、
眼内レンズを移植しております。
このため、
出血も少なく、白内障手術後の視力回復も良く、早期社会復帰も可能です。
麻酔は、全身的に負担の少ない点眼麻酔を用いております。
また、人工水晶体(眼内レンズ)も
小切開の創口より挿入可能な最新の高品質レンズを採用しています。

ご挨拶:院長 宇多 重員(ウダ シゲカズ)
テレビ、ビデオ、コンピューター、大量の情報量、
大気汚染などにより目を酷使する時代。
眼科専門医としての役割を痛感しています。
医師は、技術と診断を冷静にみつめ、
患者さまの訴えに心をこめて聞き充分に説明する。
診療の原点に忠実であることを忘れてはならないと考えます。
赤ちゃんからお年寄りまでの地域に開かれた「眼の専門病院」として、
皆様の視覚機能の健康維持にお役に立ちたいと願っています。

昭和13年生まれ。
同40年、日本医科大学卒業。
49年より二本松眼科病院院長。
現在、東京都眼科医会理事、江戸川区眼科医会会長。医学博士。

所属学会
◇日本眼科学会
◇眼科手術学会
◇緑内障学会
◇日本コンタクトレンズ学会
◇日本白内障学会
◇日本眼内レンズ屈折手術学会

所在地 〒132−0035
東京都江戸川区平井4−10−7

白内障手術・二本松眼科病院

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・南青山アイクリニック横浜

南青山アイクリニック横浜は
LASIKやPRK、ウェーブフロントレーシックからフェイキックIOL、
アコモダティブIOL等の超高度近視の手術等、
先端の視力矯正治療を提供しているグループ内唯一の施設です。

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC8F
Tel: 0120-89-3810

”YOKOHAMA みなとみらい”という場所にふさわしい近代的な設備、
また落ち着いた雰囲気の中で
皆様にご満足していただける診療を提供できるよう日々心がけております。

また、当院には、スポーツ選手を始め、
各界著名人の方々多数御来院していただいており、
確固たる実績を築いて参りました。
どうぞお気軽にお問合せください。

アコモダティブIOL(調節可能眼内レンズ)
こんな方に適しています
白内障の方

手術方法・特徴
濁ってしまった水晶体を、
ピント調節機能のない眼内レンズに交換する従来の白内障治療では、
遠方に比べて近くが見えず、
完全な老眼になってしまいます。

この調節可能眼内レンズを挿入すると、
眼内で筋肉の動きに連動してピント調節が可能になり、
遠くも近くも見えるようになるといわれています。

南青山アイクリニック横浜

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(2) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・いりなか眼科クリニック

いりなか眼科クリニックでは、日帰り白内障手術を実施しております
(手術は、当院の院長渡邊が、千種区の茶屋ヶ坂眼科クリニックで行います。)
白内障で濁った水晶体は点眼薬などでは回復させることができませんので、
濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを入れる手術を行います。
手術時間は10分程度です。

〒466-0826
名古屋市昭和区滝川町33番地
いりなかスクエア1F
いりなか眼科クリニック
TEL 052-835-1331

いりなか眼科クリニック

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・ひらばり眼科


手術方法や手術装置の大きな進歩により、
手術時間が短縮され、日帰り手術も可能になりました。
点眼麻酔を使用するので麻酔自体の痛みもなく、
手術後すぐに視力が回復するので
翌日からは普段どおりの生活が送れます。
手術件数7000件を超えるドクターがあなたをしっかりとサポートします。

ひらばり眼科

住所: 〒468-0011
愛知県名古屋市天白区
平針3丁目1501番地
平針サンシャインビル
TEL: 052-805-3887
FAX: 052-802-5963

ひらばり眼科

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

白内障手術・亀田総合病院

管理人は、平成元年直腸がんで人工肛門を造設しました。
執刀医は、神の手を持つ名医・加納宣康先生です。

時々、テレビで加納宣康先生のご活躍のことは拝見していました。
2007年2月26日、日本テレビ『スッキリ!!』(8:00〜)
「神の手を持つ名医たち:最先端大腸がん治療 世界の名医7人に選ばれた日本人」

として、紹介されていました。

その加納宣康先生は、どこかで次のように仰っていました。
「加納宣康先生が、病気になったときはどうされますか?」の質問に
「亀田総合病院で診察、治療を受けます。」

世界の名医7人に選ばれた加納宣康先生のお言葉は重いと思います。

亀田総合病院眼科診療内容
眼科は亀田クリニックに外来用の検査・手術設備があり、
電子カルテおよび日帰り手術を運用する病院眼科としては全国最大規模で、
眼科専門の検査技師もこちらに勤務しています。
亀田総合病院ではB病棟4階と
救命救急センターの眼科診察室にて診療を行っております。
当科のスタッフと設備で赤ちゃんからお年寄りまで、
あるいはまつ毛から視神経まで対処可能ですが、
患者さまの容態によっては
全国から専門家を呼んで最良の医療サービスの提供に務めています。
地域の基幹病院として、広い範囲から患者さまがおいでのため、
当科の責任は重大と自覚しています。
現在の方針としてより良い診療サービスを基本として、
設備の充実、職員研修と教育、患者さまへの情報提供、
地域の眼科医ならびに関連科医のネットワーク形成を特に重視しています。
私ども眼科は、
より良い視覚を通した、クオリティ・オブ・ライフ、
つまり生活の質的向上のために、
亀田メディカルグループのかかげる「癒しの医療」に向かって努力しています。

亀田総合病院の眼科の詳細は

神の手を持つ名医・加納宣康先生

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(0) | 白内障手術・名医>白内障・病院・クリニック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。