日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

眼科杉田病院



眼科専門病院として、名古屋では著名である。
全般的な眼科疾患の治療を行い最新の設備機器を持つ。
特に白内障、網膜剥離、糖尿病網膜炎、
角膜移植、角膜(近視)屈折矯正など症例、手術数も多い。
CTもそなえ
眼疾患と関係の深い脳疾患、鼻疾患、眼内異物などの診断にも
威力を発揮している。

病 床 数 60床
開 設 昭和46年9月
開設者 医療法人社団同潤会

住  所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-38 
電話:052-251-6571

眼科杉田病院・移転のお知らせ
平成19年8月20日より
旧所在地(名古屋市中区栄5丁目1番30号)に
新病院を建築するため、一時移転しております。
眼科杉田病院は新しく生まれ変わることにより
快適な環境で最高の医療を提供し、
安心してご来院いただける病院を目指しております。

工事期間は1年半から2年を予定しております。
一時移転先(旧・中日病院)は
当院より北へ1.2km、同じ久屋大通沿い西側です。
仮病院では通常の外来診察・入院手術をしております。
以前より手狭になりご迷惑をおかけしますが
よろしくお願い申し上げます。

医療法人社団同潤会 眼科杉田病院

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

名医眼科クリニック・柏眼科クリニック



最先端の設備と技術によって、高度眼科診療をご提供!

進化した近視・乱視・遠視治療 
(Wavefront LASIK・Wavefront LASEK・Wavefront PRK)

今までの近視・乱視・遠視治療を進化させた、
ウェーブフロント(Wavefront)治療で、
快適な裸眼視力を取り戻すことができます。
指紋と同じように、
各個人で異なる眼の固有情報を精密に解析して、
オーダーメイドで、近視・乱視・遠視を治します。
5,000症例以上の実績に基づいて、
眼科専門医がクリーンルームで治療を行います。

子供の視力回復(OrthoKeratology)

特殊なデザインの、
高酸素透過性コンタクトレンズ(OKレンズ)を使用して、
手術をしないで裸眼視力を回復します。
手術の適応とならない、子供の近視に効果的です。
メガネやコンタクトレンズを使用しなくても、
日中は良好な裸眼視力が得られますので、
積極的にスポーツ等を楽しむことができます。

進化した白内障治療 

眼のレンズ(水晶体)が濁ってしまった白内障を、
無痛日帰り手術で治療します。
20,000症例以上の実績に基づいて、
眼科専門医が短時間(約5分間)で治療を行います。
また、
今までの白内障手術を進化させたカスタム治療(Custom PEA)で、
白内障とともに
近視・乱視・遠視を高い精度で治すことができるようになりました。

緑内障治療

緑内障は、眼の神経(視神経)に障害が起こって、
見える範囲(視野)が狭くなってしまう病気です。
それぞれの症状に合わせて、
レーザー治療・手術・薬物療法等、適切な治療を行います。

硝子体手術

糖尿病性網膜症、眼底出血(網膜静脈閉塞)、
網膜静脈分岐閉塞糖尿病性網膜症、
加齢性円盤状黄斑変性、網膜裂孔等に、
適切な治療(網膜硝子体手術)を行います。
網膜硝子体手術は、
長時間にわたる難易度の高い手術ですので、
今までは入院しての全身管理が必要とされてきました。
しかし、
当院では網膜硝子体手術を1000症例以上手掛けた
眼科専門医が短時間の手術を実現したため、
日本では非常に革新的な日帰り硝子体手術を、
全身管理のもとに始めました。
したがって、
かかりつけの内科医や透析医を変更する必要はなく、
わずらわしい入院も必要ありません。

眼形成外科治療

眼瞼下垂・眼瞼内反・睫毛内反等、
眼形成に関する治療には、
形成外科専門医との連携によって、適切な外科治療を行います。
また、
睫毛乱生(逆さまつ毛)に対しては、
従来の抜去のみではなく、レーザーによる治療を行っております。

コンタクトレンズ外来

眼の状態を精密に検査して、
眼疾患の有無を確認した後、
コンタクトレンズ(ハード・ソフト・ディスポ)相談、
フィッティング、装用指導、処方を行います。

眼鏡相談

眼の状態・年齢・用途等に合わせた最適な眼鏡を、
眼の屈折に精通した眼科専門医が処方いたします。
用途によって道具を使い分けるように、
眼鏡も用途によって最適な状態に調整する必要があります。
不適切な状態の眼鏡を使用することによって、
眼に不要な負担を過度にかけてしまい、
近視の進行を早めてしまったり、
眼精疲労等を引き起こしたりする場合があります。
特に学童期の子供が誤った状態の眼鏡を使用すると、
急激に近視が悪化する場合があるので注意が必要です。

眼の健康相談

眼精疲労・ドライアイ・眼のかすみ・涙眼・アレルギー性結膜炎・
花粉症・その他、眼のことなら何でもお気軽にご相談ください。

眼科外来全般

一般の眼科外来のほかに、
特殊な眼科領域の診療が必要な場合には、
各症状に合わせ、提携医療機関より専門の医師を招集し、
すべての眼科領域に対して適切な診療を行います。

千葉県柏市旭町1-1-5 浜島ビル2F

柏眼科クリニック

最先端の設備と技術によって、高度眼科診療をご提供!

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(1) | 白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

名医眼科クリニック・Ginza 銀座眼科



JR有楽町駅に近いという交通機関の利便のいい
銀座6丁目にレーシッククリニックをはじめました。

★レーシックとは
エキシマレーザーで角膜の形を変えることにより、
屈折率を変え視力を回復させます。
メガネ、コンタクトに変わる
視力矯正方法として注目を集めています。

手術時間は両眼で約10分で、
痛みもなく、入院の必要もありません。
ほとんどの方が翌日にはよく見えます。

常に信頼性の高い機械を
厳密に検査し最善の状態に保つことによって、
大切な患者様の眼をベストコンディションでオペを行っています。

忙しいサラリーマン、OLの方、手術を平日の夜行う 
『ナイトレーシック』はいかがですか?

●生命保険の手術給付金について●
多くの生命保険、医療保険で
レーシックが手術給付金の対象となっています。
給付金の対象、金額等は
加入している保険の種類や契約内容によって異なります。

当院ではお答えすることができませんので直接、
保険会社にお問い合わせください。
お問い合わせの際は、
正式な施術名称「レーザー角膜屈折矯正手術」とお伝えください。

また、保険会社へ手術給付金の請求をする場合、
医師の診断書が必要になります。
保険会社で給付金申請用の診断フォームを用意している場合は、
その書類をお取り寄せください。

保険会社専用の診断フォームがない場合は当院でご用意致します。
※診断書の作成には別途、6000円が必要になります。

★日帰り白内障手術

今では、眼科手術は入院を必要としないものになっています。
最新の超音波手術装置、硝子体手術装置により
日帰り手術は短時間で安全に行われますので、
安心して手術を受けることが出来ます。

白内障手術は5分で終わり、翌日は良く見えます。
近視、遠視、乱視が治ります。

麻酔は痛み止めの目薬をさすだけで、注射はしません。
緑内障、硝子体手術・形成もいたしますのでご相談ください。

★オルソレンズは夜間に装着して、
昼間の視力を回復するコンタクトレンズです。


<オルソケラトロジーとは>
寝ている間に高酸素透過性のコンタクトレンズを装用して、
近視を矯正する新しい治療方法です。

それぞれの角膜の形状や近視度数に合わせて、
個々の角膜にきちんと合った特殊なレンズを作成し、
そのレンズを夜間装用するだけで、
日中は裸眼で生活できるという最新の治療法です。

朝コンタクトを外すとやさしくゆっくりクセづけされた部分により、
正常な視力を取り戻せます。
個人差はありますが、
一週間もすれば効果が得られる非常に有効で安全な治療法です。

東京都中央区銀座6丁目6−1風月堂ビル6階

名医眼科クリニック・Ginza 銀座眼科

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:銀座眼科
| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

名医眼科クリニック・フタバ眼科



明石の新しい街。
マイカル明石を中心としたオーズタウンと呼ばれる
大久保駅南側再開発地域の中心に位置します。

JR大久保駅前という交通至便な環境で
VIBREやSATYといった大規模なショッピングセンター、
ワーナーマイカルシネマズ、 コナミスポーツクラブなどの
商業施設に隣接しています。(マイカル明石2番街向かい)

白内障、網膜硝子体疾患、近視乱視矯正手術など、
日帰りによる手術治療を中心に診療をおこいますが、
眼科一般疾患、コンタクトレンズ処方など、
幅広い分野の眼科診療をおこないます。

■白内障手術

< 最新の機器による最新の術式 >
点眼麻酔による創口が3mm以下の小切開手術をおこないます。
注射針による麻酔を使わないので、
痛みを感じることはほとんどありません。
手術時間は10〜15分以内で日帰り手術が可能です。
(合併症のある特殊なケースをのぞく)

★手術機器
ALLERGAN社 SOVEREGN WhiteStar
ALCON社 ACCULUS800CS
などの最新機種を症例や目的により使い分けて
白内障手術をおこないます。
これらの機種では従来機種に比べて、
効率よく水晶体の乳化吸引が可能で、
手術時間を大幅に短縮することができるようになりました。
万が一の器械の故障や停電などにも対応できるよう、
無停電電源装置やバックアップ用の手術器具も備えています。

★検査機器
ZEISS社 IOL Master
眼内レンズの度数決定をより正確におこなうための機器。
白内障手術において眼内レンズの度数決定は
術後の満足度に大きく影響しますが、
従来の超音波Aモード測定だけの場合に比べて、
IOL MasterTMと超音波Aモード測定を併用した場合、
より誤差の少ない度数決定が可能なことが知られています。

検査機器が高価なため、
白内障手術をする施設でも、
この機器を導入している施設はごく少数ですが、
当院ではいち早く導入しました。

■近視・遠視・乱視などを治す屈折矯正手術。

米国では1995年にエキシマレーザーによる
屈折矯正手術がFDA(米国食品医薬品局)での認可後、
急速に普及しました。
その後10年以上経過し、
現在は年間約130万件もの手術がおこなわれています。
日本でも2000年1月に厚生省の認可を受けましたが、その後、手術を受ける人が急増しています。
当院では医院開設にあわせて、より安全で質の高い屈折矯正手術を受けていただける体制を整えました。皆様の「裸眼で見える喜び」をサポートいたします

★これから屈折矯正手術を受けようとお考えの方へ
松本 玲 医師

・フタバ眼科としてのポリシー
1999年から今日まで8年間レーシックに携わってまいりました。
レーシックは安全性が高い手術です。
メガネやコンタクトレンズに不自由を感じておられる方が
検査の結果レーシックに適応し、
ご職業・ご自身のライフスタイル等を考慮した上で
手術を希望されるのであれば、
私は全力でそのお手伝いをさせていただきます。
ただし、安全性が高い手術とはいえ、
リスクはゼロではありません。
そのためフタバ眼科では、
ダブルチェック、トリプルチェックを徹底しています。
危機管理意識の充実を目標とし、
フタバ眼科のレーシック立ち上げ当初から
スタッフを含め勉強会を重ねてきました。
受付から検査、看護師まで
全スタッフがレーシックを理解しています。
またフタバ眼科では毎週白内障手術や硝子体手術を行っており、
トータルで目をケアすることをモットーとしています。
よって安心して手術を受けて頂けると思います。

・眼科医としてのポリシー 
私のポリシーのひとつは、
受診される方に手術・検査結果を
理解していただくための対話の重視です。
レーシックの方にとどまらず
全ての患者さまに大切にしています。
ここ数年、
私自身や家族が医療機関を受診する機会が増え、
診療のあり方について色々考えるようになりました。
そしてほんの少しだけ見えてきたことがあります。
それは「癒されたい」という気持ちです。
医者として手術で結果を出すのは当たり前のこと。
その為に最新情報を得る勉強を怠らないのも当たり前のこと。
でもさらに重要なのは、
不安や悩みを抱えて来院される方に安らぎ・安心感を持ってもらい、
癒されながら医療を受けていただくことではないでしょうか。マシーンのように手術を行うだけの医者ではなく、対話を通じて安らぎを提供したいと思っています。忙しい日々の中で、あなたは癒されていますか?・・・ それに答えられる眼科医でありたいと思っています。 
受診される患者さま、働く仲間、そして私。
フタバ眼科は、そこに関わるすべての『人』を
大事にしていく場所です。
レーシックに興味がおありの方やお悩みの方は、
是非一度お気軽にお越しください。
笑顔のスタッフとともに、お待ちしています。

名医眼科クリニック・フタバ眼科

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:フタバ眼科
| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

名医眼科クリニック・ セントラルアイクリニック



医療法人 白内障・屈折矯正センター 
セントラルアイクリニック


近視・乱視・遠視は治る時代です。

手術を必要とし安全に行える方以外の手術は行いません。

近視や乱視・遠視の手術的治療法として
世界的に普及しているのが、視力屈折矯正手術 LASIK 
(レーシック)です。
セントラルアイクリニックでは、
最新の技術に対応し、
日本眼科学会認定眼科専門医により、
安全かつ確実な手術をご提供しております。
また手術後のケア、アフターサポートも万全の体制を整えております。

眼科総合治療ができるセントラルアイクリニック

■選ばれる7つの理由

患者様の不安や疑問に対し、診療時だけでなく、
電話やメールでもお答えしています。

★ 丁寧なカウンセリング・手厚い治療
患者様とのコミュニケーションを大切にしています

★ 眼のトータルケア
眼科専門医による総合的な眼科一般診療を行いますので、
全てのトラブルに対応できることから、
患者様に一生安心して、目のケアをさせていただきます。

○代表的な診療内容
・ 近視・乱視・遠視(屈折異常) ・ 老眼(調節障害)・ 白内障、緑内障
・ 角膜疾患(角膜変性症、異物など) ・ ブドウ膜炎 ・疲れ目(眼精疲労)
・ 流涙症、ドライアイ、コンタクトレンズ 障害、アレルギー性結膜炎、
麦粒腫、霰粒腫(ものもらい)、虹彩炎
・ 網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑浮腫、黄斑円孔、
黄斑上膜、網膜裂孔、飛蚊症、網膜色素変性症、黄斑変性症)
・ 神経眼科疾患(ホルネル症候群、重症筋無力症、アディー症候群)

★ 愛知県で最高の利便性
セントラルアイクリニックは
愛知県下すべての交通機関が集中している名古屋駅に隣接した
名古屋ターミナルビル8階(松坂屋 名古屋駅店上)にあります。
お車の場合は近隣の駐車場におとめください。

★ 最高の医師団
セントラルアイクリニックの医師は
レーシック(LASIK)をはじめとする
レーザーによる近視手術の経験を十分に積んだ眼科専門医
(日本の眼科医に認められている唯一の専門医制度:
眼科の専門教育を5年以上受けるなどの厳しい条件を
クリアした医師のみが認定される)です。

また、白内障・硝子体・緑内障手術に関しても
それぞれのスペシャリストが手術いたします。

★ 豊富な実績と多様性
レーザーによるLASIK、PRK、Epi-PRKの他に、
超強度近視に対するフェイキックIOLの手術や
白内障手術による近視・遠視矯正も行なっております。
また手術だけでなく、
オルソケラトロジーなども使用し、
患者様の眼を総合的に判断し、
その方に最適な治療方法を行っています。

★ 人・施設・設備の安全管理
レーシックに使われるエキシマレーザーは、
その矯正精度は湿度や温度に大きく影響される大変精密な機械です。
地下3階の手術室は温度25度以内、湿度50%以下にするため、
1年中24時間空調を動かしています。
感染症を起こさないために、手術時の清潔操作が肝心です。
セントラルアイクリニックではレーシックを始め、
手術の全てを硝子体手術、
整形外科手術が行えるクラス10000レベルの
ヘパフィルターを用いた無菌室で行います。
レーシックの安全性・正確性を高めるため、
清潔かつ湿度や温度の安定した環境で行います。
停電でも手術を継続して行えるシステムを使用し、
手術前後、もちろん手術中も医療知識の豊富なスタッフが
対応致しますので安心して手術を受けていただけます。
現在までに感染症は1例もありません。

★ 医療法人としての責任
セントラルアイクリニックは、
愛知県知事に認可された医療法人セントラルアイクリニックが
運営母体となっております。

医療法人 白内障・屈折矯正センター 
セントラルアイクリニック


白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
| コメント(0) | TB(3) | 白内障・レーシック治療>名医眼科クリニック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。