日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障・レーシック>トピック

レーシックどころじゃない、カネのない奴ぁヒッジョーに厳しい『極端な未来』



手塚治虫の漫画は、描かれた時代には夢の世界であった。
しかし、現在の科学進歩は殆どが現実のものとなっている。
レーシック手術は、眼鏡の要らない視力を確保した。
今細胞の再生が医療の世界に取り入れられる可能性を感じる世になった。
病気腎臓を切除して、修復した後
血液の透析患者に移植することの是非が論じられているが、
これは、腎臓が人間には2個ある。
健康な腎臓なら1個で必要な血液浄化をするから一つ取ってもよいからだ。

そのため外国で、腎臓の売買が行なわれることもあった。
その国々も、法律で臓器の売買を禁止するようになった。
死刑囚の死刑執行による臓器の売買もあったと聞く。

しかし、科学の進化は人工的に万能細胞から臓器が出来るようになるということだ。
しかも、コンピュータの進化は、
人間の知識、能力すらも人間に埋め込むことが出来るようのなるという。
人間が、人工頭脳を埋め込むことが出来る?ロボットだ?
手塚治虫の漫画にある「アトム」が出来る?
レーシック手術どころではないのだ。

カネのない奴ぁヒッジョーに厳しい『極端な未来』
日経ビジネス オンライン
現在もレーシックなどによる視力回復が進んでいるが、
やがて視神経そのものの回復も可能になる。
また万能細胞の研究により、
2030年までに心臓や肺などの臓器が再生可能になる。
そのうえ、そういった「マイナスをゼロにする」医療だけでなく、
「ゼロをプラスにする」ような ...
詳しくは下記からどうぞ!
日経ビジネス オンライン 2008年5月14日

カネのない奴ぁヒッジョーに厳しい『極端な未来』

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック>トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。