日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障>眼内レンズについて

白内障・眼内レンズの概要



眼内レンズの概要
白内障手術の際、
水晶体を摘出した場合、無水晶体となり強度の遠視となる。
その代わりに挿入される人工の水晶体のことである。
一般に単焦点眼内レンズが使用され、術後は単焦点となる。
術後は理論上調節力は無くなるが、
若干の調節力の残存(偽調節)を認める。
しかしその機序は不明である。

眼内レンズの度数を様々に変化させることにより、
術後の屈折度数を変化させることが出来る。
それにより近視や遠視の矯正をすることも出来き、
屈折矯正手術の側面を持つ。
そのため術前に患者本人のライフスタイルなどを参考に
種々の計算式により度数を決定する。

また眼内レンズの単焦点性を補う目的に、
#モノビジョン法などの手技や
#遠近両用眼内レンズ
#調整性眼内レンズを用いることもある。

また白内障ではなく、
近視矯正目的に有水晶体で挿入する眼内レンズも存在する。

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:眼内レンズ

| コメント(0) | TB(0) | 白内障>眼内レンズについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。