日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障>眼内レンズについて

白内障・眼内レンズの種類



眼内レンズの形状
光学部と光学部を保持する支持部に分けられる。

現在日本国内で発売されている
ほとんどの眼内レンズは球面レンズであるが、
非球面眼内レンズも発売されている。
非球面眼内レンズは
眼球の高次収差を軽減するようにデザインされており、
薄暮時などでの高い視機能が獲得でき、
車の運転時に有効であるとされる。


眼内レンズの固定位置による分類
眼内レンズは固定する場所により、
前房支持型、後房支持型、虹彩支持型、縫着用の
4種類に分けることができる。
現在日本国内では
後房保持型を術中温存した水晶体嚢に挿入する方法が最もよく行われる。
また水晶体嚢が存在しない、
水晶体嚢・チン氏帯が脆弱な症例に対して
前房保持型、縫着用を使用することがある。
しかし前房保持型の挿入症例において
虹彩炎・角膜内皮細胞密度が減少し
水疱性角膜症に移行する症例が報告されている。


眼内レンズの材質
材質は様々あり、PMMA(ポリメチルメタクリレート)、
アクリル樹脂、シリコン樹脂などがある。
ほとんどは透明だが、
網膜の青色光による障害を抑えるといわれる着色されたものもある。


眼内レンズの焦点性
現在一般的に使われている眼内レンズは単焦点のものである。

眼内レンズ
単焦点性の改善を目的に様々なレンズが開発されている。
遠近両用屈折型眼内レンズ、遠近両用回折型眼内レンズがある。
またピント調節が可能な眼内レンズも開発されている。

高次収差を補正する目的に、非球面になっているものもある。

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:眼内レンズ

| コメント(0) | TB(0) | 白内障>眼内レンズについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71294263
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。