日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障>眼内レンズについて

白内障・眼内レンズの選択



眼内レンズの選択
眼内レンズの度数決定は
眼軸、角膜曲率半径、眼内レンズの固有の定数、
患者の生活スタイルによって決められる。
術前正視だった方は遠方あわせに、
近視だった方は近方あわせにすることが多い。
強度の近視の場合には、軽度の近視にあわせることもある。
また片眼のみしか手術をしない場合には、
不同視を避けるために手術を行わない方の
眼の屈折値に合わせる場合が多い。

術後目標屈折値にあう眼内レンズの度数の計算方法は様々あり、
SRK、SRK-II、SRK/T、Holladay、Hoffer-Qなどがある。
各種検査の誤差、眼内レンズの固定の具合などにより、
度数ずれを起こすことがある。
また近視矯正手術を行っている眼は上記計算式では、
対応しきれず度数ずれすることが知られており、
術前の角膜形状解析のデータがあった方がよいとされる。


眼内レンズの素材の選択
一般にアクリル素材が選ばれることが多いとされる。
硝子体手術と同時
または将来行う可能性がある白内障手術においては、
シリコン素材ではなく、アクリル素材の
眼内レンズが選択されることが多い。
シリコン素材では硝子体手術中にガス注入を行うと曇りを生じさせ
手術捜査が困難になる可能性があるためである。


眼内レンズの挿入方法
眼内への挿入方法として、以下のものがある。

・折りたたまずそのまま挿入するもの
・鑷子等にて折りたたんで挿入するもの
(挿入器具を用いることもできるものが多い)
・挿入器具を用いて挿入するもの
・挿入機にあらかじめセットされていて、そのまま挿入するもの
眼内レンズ挿入の際の切開幅の減少や、
眼内への菌の侵入を防ぐ目的にてより後者を使用することがある。
手術の術式・術者の慣れ・患者の状態等により選択される。


眼内レンズの遠近両用への試み
一般には眼内レンズは単焦点のものが選択され、
術後はめがねやコンタクトレンズなどの矯正器具が必要になる。
しかし遠近ともに見えるようにするために、
様々な工夫が試みられている。


眼内レンズ・モノビジョン法
優位眼を遠方、劣位眼を2Dほど近方にあわせる。
これにより遠くと近くをある程度明視することが出来るようになる。

この方法は眼優位性が高く、
立体視がある程度ないとうまくいかないとされている。
またあまりに高齢な方はうまくいかないと言われている。
うまくいかなかった際には
近方あわせの方を近視矯正手術により正視あわせ、
モノビジョン状態を解消する手段が執られる。


遠近両用眼内レンズ
遠近両用の屈折型・回折型の眼内レンズを選択することもある。

・屈折型は、
若い方の方がうまくいくケースが多いとされる。
また夜道で街灯を見るとハレーションを起こすことが知られており、
夜間の自動車の運転が多い方の場合、選択されないことが多い。
・回折型は、
waxy visionと呼ばれる「ぼやけ」が報告されている。
欧米では優位眼にまず屈折型を入れ、
見え方に不満がある場合には
もう片眼に回折型を入れるという方法を取る施設もある。
若年者で網膜剥離のリスクがある患者には
眼底の観察や網膜剥離の手術に不向きであるとされるため、
屈折型は選択されないことがある。


調節性眼内レンズ
ピント調節が可能な眼内レンズもあるが、
思ったほど調節しないとの声が多い。

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:眼内レンズ

| コメント(0) | TB(0) | 白内障>眼内レンズについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。