日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障>眼内レンズについて

白内障・有水晶体眼内レンズ



有水晶体眼内レンズ(英Phakic Intraocular lens)は
主に強度の近視矯正を目的に、
有水晶体のまま眼内に眼内レンズ
挿入する際に使用する眼内レンズである。

有水晶体にて眼内レンズを挿入することにより、
調節力を維持することが出来る。
また見え方に不満があったり、
種々不都合があった際には、容易に除去することも出来る。
また円錐角膜などでレーシックなどの
近視矯正が出来なかった症例にも行うことが出来る。
またレーシック等の手術を組み合わせることにより、
従来 矯正ずれを起こしやすかった
強度近視などに良好な矯正効果を得れるようになった。

手術の施行医は認定を受けなければ施行出来ないため、
眼科医であれば誰しもが行える手術ではない。
保険適応では無いため、手術やその後の診察は、自費診療となる。


眼内レンズの固定位置
虹彩支持型と隅角支持型、
後房型(虹彩の後、水晶体の前)の3カ所に分けられる。


眼内レンズの合併症
有水晶体眼内レンズのversionが新しいほど、
レンズ設計は改良され、合併率は低いとされる。
・白内障

後房型に挿入するタイプに多い。
・虹彩炎

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:眼内レンズ

| コメント(0) | TB(0) | 白内障>眼内レンズについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。