日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障>眼内レンズについて

白内障・眼内レンズと歴史



眼内レンズ
眼内レンズ(がんないれんず、英 Intraocular lens, IOL)とは、
白内障手術で水晶体を摘出したときに挿入される人工の水晶体。
近視矯正目的の有水晶体で挿入する眼内レンズも存在する。

眼内レンズの歴史
以前白内障に対する手術は、
光軸から混濁した水晶体を取り除くという方法をとっていた。
しかしながら
水晶体は非調節時において約20D程の屈折力を持っており、
手術後、強度の遠視になっていた。

そのためいわゆる「牛乳瓶の底のような眼鏡」や
コンタクトレンズを使用する必要があった。
1949年イギリスのRidleyが、
その弱点を克服するために
眼の中にレンズを入れるというアイディアを思いつき、
眼内レンズを開発し、眼内に挿入するようになった。
その後様々なレンズが開発されるようになった。

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:眼内レンズ

| コメント(0) | TB(0) | 白内障>眼内レンズについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。