日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障・レーシック>トピック

白内障・チョン・ヒョンドン、父親の失明事情に涙



白内障は簡単に手術で治るものとの認識だった。
しかし、それは白内障発症後何年以内かは承知しないが、
白内障罹病を承知したら早い方がよい。

韓国や朝鮮の方々は、管理人の知るところによれば
家族を大切にする人が多い。
自分の白内障を30年間も放置して、
お子さんのためならお金を惜しみなく使い
白内障手術が手遅れだったとは悲しい出来事だ。

チョン・ヒョンドン、父親の失明事情に涙
innolife.net
チョン・ヒョンドンによると、
先日、父親の白内障を知ったチョン・ヒョンドンは、
普通30分程度で終わる簡単な手術だと思い、
軽い気持ちで父親と共に病院を訪れた。
しかし、
病院では手術の時期を逃したとし、
手術を拒否する青天霹靂のような声を聞いた。 ...
詳しくは下記からどうぞ!
innolife.net 2007/11/03

チョン・ヒョンドン、父親の失明事情に涙

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】
タグ:失明事情

| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック>トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。