日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障・レーシック>トピック

篠原涼子CMの一週間連続装用コンタクトを無料体験



レーシックに代わるコンタクトレンズ。
コンタクトレンズも出初めから数十年になるか?
初めはハードレンズとかでガラス?
医学や関連産業が凄い発達をした、目の当たりにしてきた。
眼鏡屋さんの片隅に、
目医者さんがいて診断したような記憶がある。
プラスティック製のレンズ。
検眼してからメーカーに発注する。
レンズを外した後は専用液を入れた容器に保存する。
余り長時間の装着は目に痛みやら、違和感を起こす。

だから、1週間とか、1ヶ月とか連続装用可能な
コンタクトレンズが世に出たとは・・・。
目も呼吸っていうか、コンタクトレンズが必要なものを通すそうナ。
CTやらMRIで撮った画像を基に
立体画像ができる時代だから当然かナ・・・。

篠原涼子CMの一週間連続装用コンタクトを無料体験
アメーバニュース
アメリカでは
「一ヶ月連続装用コンタクトレンズ」も
発売されているという。
今後価格面が改善されれば、
従来のコンタクトレンズだけでなく
角膜を削って視力を矯正する「レーシック」のような手術にも
とって代わる便利な視力矯正手段として
普及するかもしれない。
詳しくは下記からどうぞ!
アメーバニュース 10月07日 19時35分

篠原涼子CMの一週間連続装用コンタクトを無料体験

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック>トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60330677
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。