日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック

レーシック 視力矯正の南青山アイクリニック



南青山アイクリニックは、1997年6月に
"眼科専門医による屈折矯正手術の正しい普及"を目標として開設し、
皆様のおかげで今年10周年を無事迎えることができました。

この間に、
近視・遠視・乱視を矯正するLASIK(レーシック)、
カスタムレーシック(ウェーブフロントレーシック、
トポリンクレーシック)、
強度近視や角膜の薄い方向けのPRK(ピーアールケー)、
エピレーシック、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、
老視(老眼)を伴った方向けのモノビジョンレーシック、
老視矯正レーシック
(近視、乱視、遠視と一緒に老眼も治すレーシック)、
CK(Conductive Keratoplasty、遠視・老視治療)、
円錐角膜の方向けの角膜内リング、
リボフラビン紫外線治療、
坪田式円錐角膜治療、
白内障後のバイフォーカルIOL(遠近両用眼内レンズ)、
アコモダティブIOL(調節可能眼内レンズ)などの
視力回復技術を導入しました。

国内のレーシック・フェイキックIOLなどの屈折矯正手術数は、
2006年度10万件を越えたといわれますが、
欧米諸国と比較するとまだ広く普及しているとはいえません。
しかし、
国内での認知度は開院当時より明らかに高まり、
私たち日本の眼科専門医が慎重ながらも積極的に
屈折矯正手術の導入を実現してきた結果と思われます。
南青山アイクリニックも
その一助を担えたことはとてもうれしく思っております。

レーシック手術は約15分で、
ほとんど痛みもなくレーシック直後から視力が回復しますが、
視力回復後のフォローについても、
手術前、手術同様に重要と考え、
十分な時間を持って診察するよう心がけております。
その結果、
レーシックによる視力回復を希望される患者様の半数以上は、
患者様と眼科医の先生方からのご紹介により来院されています。

また、レーシック後数年たってもフォローアップを
きちんと受けられる患者様が多く、
レーシックの長期的な安全性や視力回復効果の高いことが
自己のデータによって確認できたことは
非常に意義のあることと思っております。

このような患者様の貴重なデータから学んだことを生かし、
今後も南青山アイクリニックの強みである
確実なデータ管理により、EBM(evidence based medicine)を
実践していく所存です。

また、
このようにして得られた知見を日本国内および海外の学会に発表し、
今後とも
日本および世界における近視・遠視・乱視・老視(老眼)に対する
屈折矯正手術の進歩と、
よりよい治療成績の実現に貢献して参りたいと考えております。

南青山アイクリニック 理事長 戸田郁子

★レーシック
レーシックは、
近視、遠視、乱視を矯正して、視力を回復します。
「目が悪い」人は、
角膜や水晶体の屈折力が強すぎたり弱すぎたり、
また目の長さが長すぎたり短いために、
網膜上できちんと焦点が結ばれません。
レーシックは、
「エキシマレーザー」を照射して角膜のカーブを整えて、
近視・遠視・乱視を矯正して、
網膜上に焦点を合わせることによって視力が回復する
屈折矯正手術のことをいいます。
レーシックの手術の時間は、両眼で約15分です。

★カスタムレーシック
(ウェーブフロントレーシック・トポリンクレーシック)
カスタムレーシックは、
オーダーメイドのレーシックです。
カスタムレーシックでは、
従来のレーシックで矯正しきれなかった
細かな凹凸や歪み(収差)にまで、
よりきめ細かにレーザーを照射することができます。
目全体の収差を計算して行うものをウェーブフロントレーシック、
角膜の形状に応じて行うものをトポリンクレーシックといいます。
カスタムレーシックにより光や色のにじみが抑えられ、
不正乱視なども矯正可能です。

★PRK・エピレーシック
PRK・エピレーシックは、
目に衝撃が直接加わる運動(格闘技)などをされる方、
角膜の厚みが足りずレーシックができない方向けで、
近視、遠視、乱視を矯正して視力を回復します。

★フェイキックIOL
フェイキックIOLは、
レーシックやPRKでの治療が困難な
強度近視、遠視、乱視の方、角膜が薄い方、
矯正視力が良好な初期円錐角膜の方向けの視力回復方法です。
フェイキックIOLは目の中にIOLを挿入し、
近視、遠視、乱視を矯正して視力を回復する、
いわば目の中の"コンタクトレンズ"です。
手術後の見え方の質がよく、
さらにもし近視・遠視・乱視が残っても
レーシックで微調整することも可能です。

★老視(老眼)治療
(モノビジョンレーシック、老視矯正レーシック、CK)
近視、遠視、乱視、老視(老眼)がある方で、
手術後メガネをかけたくない方向けの視力回復方法です。
モノビジョンレーシックは、
レーシック後片方の目で遠くを、
もう片方の目で近くを見るような常態にするレーシックです。
老視矯正レーシックは、
角膜を遠近両用の形にするレーシックです。
CKは、角膜周辺部に高周波を照射し、
角膜中央部を急勾配にして遠視を矯正したり、
老眼(老視)の方は近くが見やすくなる視力矯正手術です。

★円錐角膜治療
(角膜内リング、リボフラビン紫外線治療、坪田式円錐角膜治療)
円錐角膜の方、角膜拡張症と診断された方向けの手術で、
円錐角膜の程度により手術の方法が決まります。

★白内障治療
(バイフォーカルIOL・アコモダティブIOL)
白内障手術後メガネを使いたくない方向けの視力回復手術です。
濁った水晶体を、
ピント調節機能のない眼内レンズ(IOL)に交換すると、
遠方を見やすくすると近くが見にくくなり、
近方を見やすくすると遠方が見にくくなってしまいます。
バイフォーカルIOL(遠近両用IOL)や
アコモダティブIOL(調節可能IOL)を挿入すると、
遠くも近くも見やすくなります。

レーシック 視力矯正・視力回復の南青山アイクリニック

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(2) | レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58837542
この記事へのトラックバック
視力回復 老眼
「この前.テレビでやった実写版のちびまる子ちゃんを見てるんですけどこじまよしおが出てきて....すごく面白い!!」5年生M徳ちゃん 4年生 Y太君は「千と千尋の神隠し」を見ながら3年生 M萌ちゃんは「..
ブログ名視力回復 レーシックの勧め

視力 矯正
京都駅前は病院ラッシュ 開業10年で3倍 観光兼ね通院京都新聞東京の病院勤務時代にアントニオ猪木さんの糖尿病治療を手掛けた舘一男医師(52)は今年6月、京都駅前のテナントビルに視力矯正治療のクリニック..
ブログ名視力矯正・回復・・・目の悩み改善!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。