日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック

加藤眼科レーシックセンター



実績のある専門医だからできるレーシック、
最先端技術と妥協を許さない安全性


加藤眼科レーシックセンターが選ばれる理由!

・ レーシックにおける安全性をあらゆるものに優先しています。

・ すべての手術を院長が責任もって執刀しています。

・ 個別のカウンセリングを院長が行なっております。
  カウンセリングではレーシックのメリットばかりでなく、
  デメリットやリスクについても詳細に説明しています。

・ あらゆる疑問・質問に責任を持ってお答えいたします。

・ カウンセリングではレーシックに関する
  セカンドオピニオンにも対応しています。

・ 院長はわが国にエキシマレーザーが導入された当初より
  屈折矯正手術にたずさわっており、
  厚生労働省のエキシマレーザー臨床試験の
  治験担当医師を担当するなど、
  わが国の屈折矯正手術の中心的な役割を担ってきました。
  また、ハーバード大学眼科フェローとして、
  米国においてレーシックの最先端の研究を行なってきました。

・ 加藤眼科レーシックセンターでは
  いたずらに症例数を増加させることを目的にしていません。
  最も厳しい適応基準をクリアする方のみを施術対象とし、
  時間をかけて術前検査を行い、
  最高品質のレーシックを提供しています。

・ 渋谷駅から徒歩1分の交通至便なクリニックです。

■多くの患者さんが陥ってしまっている信憑性の低い情報の鵜呑み

レーシックはメガネ、
コンタクトレンズに次ぐ第3の選択肢として
欧米では広く普及しています。


特に米国では年間70万人以上がレーシックを受けており、
近視の一般的な治療法としてすっかり定着した感があります。

日本でも最近になってレーシックの認知度は高くなり、
件数は急速に増加しています。

一般の方がレーシックについての情報を得ようとする時、
インターネットなどを用いることが多いのが現状ですが
インターネット上の情報は玉石混交で質の高いものから、
信憑性の低いものまでさまざまです。

加藤眼科レーシックセンターでは、
レーシックを希望される患者さんに対して
カウンセリングを行っていますが、
多くの患者さんが検索サイトで上位にあるというだけの理由で
信憑性に問題のあるサイトの情報に
振り回されてしまっているのは、大変残念な状況です。

■非専門医、美容外科グループの参入と利益追求型の施術

レーシックの安全性に関して、
充分な情報を得てレーシックを受けたいと思い始めた方にとって、
どこで受けるかということが最大の問題ですが、
インターネット上の情報は
必ずしもそれに充分な回答をあたえるものではありません。
残念ながら、
国内ではいまだに非眼科医
(眼科専門医資格を持たない医師)によって
多数のレーシックが行われており、
また最近になり美容外科グループがこの分野に参入してきています。
このような状況のなかで、
一般の方が
信頼性の高い術者とそうでない術者を見分けることには、
非常に難しいのが現状です。

加藤眼科レーシックセンターでは
レーシックに関する
セカンドオピニオンにも対応しておりますので、
どうぞ遠慮なく御相談ください。

道玄坂 加藤眼科  加藤卓次
(医学博士、認定眼科専門医)

■視力回復と近視矯正

近視に対する矯正方法は
今までメガネかコンタクトレンズの2通りしか
選択肢がありませんでした。
メガネで
まったく不自由を感じないひとにとっては問題ありませんが、
どうしてもメガネを装用したくない人にとって残された選択肢は
コンタクトレンズのみというのが今までの状況でした。

しかし、90年代に入ってから
レーシックが開発されると状況が一変しました。
今までの近視手術とは比べものにならないほど、
正確に近視を治療できる方法が確立されたからです。

この技術革新によって、
現在私たちは近視の矯正方法として、大きく分けて
「メガネ」
「コンタクトレンズ」
「レーシック」の
3つの選択肢をもっていると言えます。

以下で、さまざまな近視矯正方法の特徴と
メリット、デメリットについて解説します。


・メガネ
年齢や状況によっても度数の変更が容易で、
長時間装用しても眼を傷つけることがなく安全です。
ただし、外見上の問題やスポーツに不利などの問題があり、
メガネでの矯正を希望しない人は
コンタクトかレーシックを選択することになります。
また、強度の近視や乱視、左右差の大きい不同視の人は
メガネでの矯正は不利になります。

・コンタクトレンズ
コンタクトレンズを使用すると
メガネなしでよい視力を得ることができ、
この美容面のメリットを多くの人が実感して、
コンタクトレンズの愛用者は
現在日本国内だけでも1000万人を超えています。
美容面だけではなく、
メガネと比較して光学的にいくつもの優れた長所をもっています。
しかし、メガネに比べて装用に慣れるまでは厄介で、
慣れても毎日のつけはずしや
手入れなどに手間とコストがかかります。
そして、なによりもコンタクトレンズは
角膜にとっては異物のため、
不適切な使用によって眼に障害を及ぼすリスクがあります。

・RK(放射状角膜切開術)
レーシックなどの
エキシマレーザーを用いる手術が出現する以前の近視手術です。
矯正精度があまり正確でなく、
1日の中でも朝と夜で見え方が異なるなどの問題があり、
現在ではほとんど行われていません。

・PRK
エキシマレーザーを用いる手術のうち
最もはじめに行われたレーザー近視矯正法です。
レーシックのようにフラップは作成せず、
角膜に直接レーザーを照射します。
術後に多少痛みがあること、
強度近視などでは近視が戻る症例があるなどの欠点があります。
現在は、ほとんどレーシックに置き換わりました。

・LASIK
90年代から臨床で使われはじめた画期的な治療法です。
特に米国において爆発的に普及し、
現在は世界的に広まっています。
矯正精度が高く、痛みもほとんど伴わないために、
治療を受けた人の術後の満足度もきわめて高い率になっています。
欠点としては、
レーザーで角膜を削るため、
メガネやコンタクトのように
何度も度数を変更することはできません、
またまだ近視が進行する可能性のある未成年の人には施術できません。

・LASEK
レーシックの変法の一種です。
角膜上皮細胞層のみのフラップを作成するために
術後の角膜の強度を保つことがメリットです。
ラグビー、柔道、ボクシング、レスリングなど
格闘技や接触性のスポーツ選手などが良い適応になります。

・オルトケラトロジー
酸素透過性の高いハードコンタクトレンズを
睡眠中に装用することによって、
翌日は裸眼で過ごすことができるようになる近視矯正方法です。
手術をせずに、
裸眼での視力を回復させることができる唯一の治療法です。
欠点としては
基本的に毎晩就寝中にレンズを装用しなければならないこと、
レンズが高価なことなどがあげられます。

・IOL
コンタクトレンズに似たレンズを眼の中に挿入して
近視を矯正する方法です。
レーシックなどで
完全矯正が不可な強度近視でも矯正することができます。
しかし、
眼内にレンズを入れるという
完全な内眼手術を行わなければならないこと、
将来白内障になりやすいなどの副作用が問題になります。

加藤眼科レーシックセンター

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(1) | レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57185445
この記事へのトラックバック
レーシック翌朝の感想lasik に行ってよかった
レーシック翌朝の感想lasik に行ってよかった
ブログ名レーシックの手術動画 必見です


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。