日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

白内障・レーシック>トピック

遠征バスに人生1329年



遠征バスに人生1329年
何のコッチャ!

70歳台の野球チーム、合計年齢1329歳!
しかし人間生活を70年以上続けていると、
何処かに故障が出てくる。

私、管理人も遠近両用眼鏡を初めて掛けたとき
何か、世の中が歪んで見えた記憶がある。
しばらくで、歪みも慣れてしまった。
今では、蚊を両手で叩こうと思っても
すぐ、視界から見えなくなってしまう。
野球のボールもバッターには
蚊のように魔界に消えてしまうようだ。

私も、直腸がんの手術をした。
生活習慣病は、70年の生活習慣の集大成なのか?
合計年齢1329歳の中にもいろいろな病気の体験がある。
モノを見るために大切な「目」にも、誘惑は多い。

合計年齢1329歳の野球チームの
バス移動遠征はどんなものか?
人生の集大成を下記からどうぞご覧あれ・・・。

遠征バスに人生1329年
読売新聞
ごへいさんは「乱視に白内障」。
キャッチボールの時、ボールを取り損ねると、
「消える魔球だね」と相手をほめたりする。
遠近両用眼鏡を使っていると、
レンズの境目にボールが差しかかった瞬間、
フッと消えるのだという。
がんの手術経験者も3人いる。 ...
詳しくは下記からどうぞ!
読売新聞 東京23区 企画連載

第11回 遠征バスに人生1329年

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】

| コメント(0) | TB(0) | 白内障・レーシック>トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。