日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック

レーシックを考える越智眼科



近視矯正手術をお考えの方へ
越智眼科院長 越智利行

エキシマレーザーによる近視矯正手術については
これまで約5400例(2003年10月現在)の手術を手掛けました。
最近の事例では
目標視力1.2以上への到達率は97〜98%に達します。
手術精度は、
医師が自らの術式(ノモグラム)を確立しているかどうか、
さらに最新の優れた装置を導入しているかどうかにも左右されます。

エキシマレーザーによる手術の安全性は
非常に高いと言えますが、リスクがゼロではありません。
強度の近視、乱視や
患者さんの体調によっても誤差を生じることがあります。
また、厚生省(当事)も
過去10数年の実績をみて承認しましたが、
術後の将来については誰も予想できません。
しかし、私は自分が眼科医である限り、
術後のケアを責任を持って継続することをお約束します。

私自身も2000年11月にLASIK手術を受けて、
現在快適な生活を送っています。
手術のメリット・デメリットを身をもって経験しており、
その経験を活かし、
ユーザー(患者さん)の立場に立ってアドバイスできると確信しています。

エキシマレーザーによる近視矯正手術の進歩は極めて早く、
目標の視力にどこまで到達するかというレベルから、
いかにクリアなビジョン(視機能、視生活)を実現するか、
という段階に入りつつあります。
「近視手術も量から質の時代」になりました。
近視手術は、
ユーザーの方の
クオリティ・オブ・ライフの向上に貢献する
有力な選択肢のひとつとしての位置を確立しつつあるといって
過言ではないでしょう。


越智眼科院長 越智利行

昭和54年 昭和大学医学部 卒業
昭和54年 昭和大学病院眼科 勤務
昭和55年 高津総合病院 勤務
昭和58年 富士吉田市立病院 勤務
昭和60年 オリンピアクリニック井上眼科 勤務
昭和63年 医療法人 社団 越智眼科 開業


■2006/08/01(Mon)
「エピレーシック」「ウエイブフロントレイシック」の
ライブサージェリーに多くの眼科ドクターが参加されました。
06年7月30日に
越智眼科サテライト・クリニックと
リーガロイヤルホテル広島の会場とを結び、
ライブサージェリー(実際に手術を行いながら説明します)を
開催いたしました。
越智院長、朝比奈先生の二人により
「エピレーシック」や最新のケラトームを使用した
レーシックなどを行いました。
全国各地から多くの眼科医の先生方が参加され、
術式・テクニックなどについてのディスカッションが
熱く繰り広げられ有意義なセミナーとなりました。

★ウェイブフロントレーシック

大気のゆらぎの影響を受けずに驚異的な宇宙映像を
得る光学的なテクノロジーを応用した近視矯正手術


ヒトの眼は、
角膜や水晶体で光を屈折させて
網膜上に像を結ぶ光学系のシステムです。
そのため、ある光源から出た光が
網膜上の一点に結像するのが理想的な光学系です。

近視や乱視などの屈折異常があると、
眼の中に入った光は歪みのある光となり、
網膜の一点に光が収束しません。
この光が一点に収束しない状態を「収差(しゅうさ)」といいます。

収差には近視や乱視を
メガネやコンタクトレンズで矯正できる低次収差と、
それでは矯正できない高次収差があります。

★ウェイブブフロント解析装置

ウェイブフロントLASIKは、
この高次収差をも矯正することができる最新のテクノロジーです。


ヒトの眼は
角膜、水晶体、網膜などによって構成されていますが、
個人によってそれぞれの部位に固有の凹凸があるため、
眼の中に入った光は歪み、つまり収差を生じます。
この収差は程度の差こそあれ、誰にもあります。
収差によって乱れた光の波を波面センサー装置で測定し、
それをコンピュータで処理して、
光の波のゆらぎを修正するよう
エキシマレーザーを照射して手術を行います。
それによって、
手術後は屈折異常が治るだけでなく、
収差のない「きれいな波面」を生ずる眼となります。

ウェイブフロントLASIKによる手術は、
このように球面収差やコマ収差をゼロに近づけるため、
網膜に結ばれる像の精度が極めて高くなります。
結果的には
手術をしない正常眼よりもよく見えると言うこともできます。
つまり、同じ視力1.5であっても、
手術をしない正常眼よりクリアな見え方になっています。

理論的には、
ヒトの眼が持つ
最高の視力といわれる視力4.0の見え方の
クオリティを実現することも夢ではなくなりました。

ちなみに、
VISX社が米国FDAに提出した320眼の追跡調査結果では、
術前にメガネやコンタクトレンズによる
最高矯正視力が1.5の患者の
術後裸眼視力が1.5あるいは2.0以上に
回復する確率は70%以上でした。

★目の三大疾病

白内障
歳をとるにしたがって水晶体が濁る老人性白内障は、
一種の老化現象です。
水晶体をとり出して眼内レンズを移植します。
手術は局所麻酔で行うため、手術中も医師と話ができます。
外来なら当日帰宅でき、
入院を要する場合でも2〜3日で退院できます。

緑内障
視神経が障害を受け、
視野が狭くなったり、視力が低下する病気です。
発見が遅れると失明することもあります。
点眼薬や内服薬の治療のほか、
レーザー光線による治療法もあります。
早期発見・早期治療が大切な病気です。

糖尿病網膜症
食生活の洋風化で糖尿病が増えています。
その結果、この病気を合併する場合があります。
糖尿病によって血管がもろくなり、
網膜の毛細血管がおかされ、病変が現れます。
レーザー光線を網膜に照射する手術を行います。
硝子体に出血したり、
網膜剥離を起こした場合は、硝子体手術を行います。
糖尿病をコントロールする治療が必要で、
内科と緊密な連携がのぞまれす。

レーシックを考える越智眼科

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】



| コメント(0) | TB(2) | レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55348974
この記事へのトラックバック
LASIK
レーシック口コミ 最新ニュースドコモ、高速データ通信用USB端末発表・Lasik in Melbourne の調べ方 ... アゲハ (My First JUGEM!) 世界仰天ニュース 十津川温泉 ..
ブログ名えっ!?イントラレーシック?

白内障 治療法
家内のまぶたについての質問です。長時間本を見ていると、家内は、まぶたが下がっ...家内のまぶたについての質問です。長時間本を見ていると、家内は、まぶたが下がってきて、目が見えなくなってしまう、といいま..
ブログ名白内障


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。