日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック

レーシック・井上眼科病院グループ



井上眼科病院グループは
患者様第一主義、実証医学に基づく眼科医療、
目の総合病院化を掲げて、126年の伝統に裏付けられながら、
最先端の眼科医療を実現しつつ発展しています。

井上眼科病院は1881年に創立されましたが、
125年にわたって、
患者様の絶大なるご支持、ご支援のもと、多くの業績をあげています。

1923年の関東大震災では、全焼しましたが、
1929年に病院が再建されました。
また、その病院も手狭となりましたので、
1981年に現在の病院を新築して移転しました。

この病院も今年で24年となりました。
新築当時は新しく、きれいで、広く余裕があったのですが、
患者様の増加で、狭くなりました。
そのため、
西葛西・井上眼科病院、駿河台診療所、
お茶の水1眼科クリニックを設けて、患者様の分散をはかりました。
しかし最近は、これも限度となり、
また諸施設も老朽化してまいりました。

特に本院1階の待合室の混雑は著しく、
ゆっくり座っていただく椅子も不足し、
長時間立ってお待ちいただき、
病院に行くとかえって疲れるという訴えもありました。
またエレベーターやトイレなどは増設が困難なので
ご迷惑をおかけしておりました。

このような事情の下、
抜本的な対策を検討してまいりました。
昨年4月に病院隣りの新お茶の水ビルの18〜20階が空いたので、
そこへ移転を考えました。
病院を高層階へ移すことに対する問題点は多くありましたが、
患者様のアンケートの結果などをふまえ、
外来部門の移転に踏み切り、
2006年1月5日より、
お茶の水・井上眼科クリニックとして開設いたしました。

手術、病棟部門は現在の病院に残しました。
お茶の水・眼科クリニックにある
屈折矯正手術部門は病院中地下1階に、
コンタクトレンズ診療所は従来通りの菱信ビルに残ります。

また、1991年に開設した
西葛西・井上眼科病院は、当院の分院として、
江戸川区の地域医療に貢献する病院と、
網膜硝子体専門病院として、大きく発展しています。
2004年12月には、地域医療を考慮して、
西葛西 井上眼科クリニックという、
コンタクトレンズに関する専門クリニックを開設しました。
このクリニックは年末年始以外は年中無休で、
受付時間も月曜〜金曜は午後6時半まで、
土曜・日曜・祝日は午後5時半までとしています。
さらに、西葛西 井上眼科こどもクリニックを併設し、
若い世代の多い地域に役立たせるようにしています。
他の年齢層の患者様がいないので、
誰に気兼ねすることなく診療を受けられると好評です。


井上眼科病院(本院)の外来は、
いつも混雑し、
座れないこともあり、視力、視野や身体の不具合のある方々にとって、
決して良好な環境ではありませんでした。
そもそも、
上にも横にも広げることが困難な都心にあり、
一日二百人の外来患者を想定して設計された病院ですから、
周囲の付属クリニックを利用しても、
訪れる一日千人近い外来患者様が満足できる環境づくりには
限界がありました。

この度、
隣接の新お茶の水ビルの高層階にスペースがとれ、
医療法人済安堂は、
ここに外来部門を統合移転するという大決断を致しました。
外来と病棟入院とは切り離せない関係にあり、
外来部門が病院から少し遠くにはなるものの、
その分、当院全体としての眼科診療が良質で、
円滑かつ効率的に運用しなければならない、
という大きな使命を担うことになります。
特に、
専門外来の充実、
予約制導入などによる待ち時間短縮や待ち時間の表示、
病棟と外来診療の連携、
外来→病棟→外来の継続看護、医療相談、
ロービジョン(低視力者)への対応など
ダイナミックな眼科診療を推進してまいります。

この外来部門は法律上、
井上眼科病院外来とすることはできないため、
「お茶の水・井上眼科クリニック」として、独立に発足致しました。
クリニック院長には井上治郎理事長の長男で、
東京大学眼科で長く研修後、
当院緑内障クリニックの長を勤めてきた井上賢治氏を迎え、
若返りを図ることになりました。
新時代に即した眼科診療の展開をご期待ください。

井上眼科病院の本体は、
これに伴い手術、入院が余裕をもって可能になるほか、
院長特別外来、
レーシック(近視手術)の相談や手術の実施、
さらに目の相談室の充実、当院の長い伝統歴史の展示など、
新生井上眼科病院として機能します。

井上眼科クリニックと井上眼科病院とは、
このように切っても切り離せない一体化した関係にあり、
職員や医師も両方で仕事をすることになります。
両者の発展は、
なによりも患者様のご理解あってはじめて実現致します。
職員一同は、引き続き、
少しでも質の高い眼科医療を皆様に提供するための努力を惜しみません。
移転当初は医師を含む職員一同、
不慣れな面が出るかもしれませんが、
どうぞご寛容いただきたく、
また当院の今回の改革に暖かいご支援をお願い申し上げます。

井上眼科病院グループ

白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】


| コメント(0) | TB(1) | レーシック手術・名医>レーシック・病院・クリニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53552437
この記事へのトラックバック
井上眼科の口コミ情報
井上眼科では多くの患者さんが治療を受けてきた実績がありますので、そこで治療や手術を受けたいと願う患者さんはたくさんいるでしょう。しかし、どの病院でも白内障や緑内障、レーシック手術など、得意とする症状に..
ブログ名井上眼科の名医や治療実績に関する口コミ情報


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。