日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。

 
 

レーシック>進化したレーシック

ウェーブフロントレーシック



ウェーブフロント (Wavefront) とは、
視力矯正手術のひとつである
ウェーブフロントレーシックにおいて利用される、
角膜や水晶体の収差を解析する手法である。

ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置で
データを測定および分析する。

ウェーブフロントレーシックでは、
近視や遠視・乱視などについて
総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、
ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行う。

角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、
角膜高次収差に対して解析をおこなっている
ウェーブフロントレーシックの方が
乱視の矯正については理論上有利である。

ただし全ての症例に有効なわけではなく、
円錐角膜などの角膜形状異常には適応外である。

またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、
乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例がある。


白内障 レーシック 名医【白内障 レーシック 手術】


| コメント(0) | TB(1) | レーシック>進化したレーシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51269731
この記事へのトラックバック
LASIK - Opera??o に行って正解
LASIK - Opera??o に行って正解
ブログ名レーシックの手術動画 必見です


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。